お客様の声

結婚後、滑川市内のアパートに住んでいたFさんご夫婦。「毎月6万円の家賃がもったいない」のと、お子様のご誕生を機会に新築を考えたそうです。


16畳大のリビングダイニングの横には4.5畳の和室があり、息子さんのお昼寝スペースや客間に活用しています。
また、住宅会社を決めるにあたって、奥様は「真冬でも家の中が断然暖かかったミサワの家にひと目ぼれしました」とのこと。


F様邸の南面の屋根には、3.4Kwの太陽光発電システムを搭載。ヒートポンプ式の床暖房やIHクッキングヒーター、エコキュートを導入し、環境に配慮。
「高気密・高断熱のミサワの家とオール電化の相性は抜群です。おかげで月によっては光熱費が1万円も安くなりました」と奥様。


間取りを決めるにあたって、生活動線も大切な要素のひとつ。
共働きのF様ご夫婦は、家事の負担が少しでも軽くなるようキッチン周りにバスルームやランドリー、サンルームを集中させ、無駄な動きがないように配慮しました。


6畳大の大収納空間「蔵」には、ご夫婦の趣味のスノーボードや本棚などが片付けられています。


北陸ミサワホームでは、電気自動車の充電用コンセントを平成23年2月より全棟で標準装備。 将来的に普及が進むEV自動車やPHV自動車を購入した場合にも特別な工事は必要ありません。

お客様の声一覧に戻る

富山支店  角川 博之
F様邸の設計にあたって、光と風も生かせるよう窓のレイアウトにもこだわりました。風が通り抜けるようできるだけ対面方向に窓を配置し、外観の見た目にも気を配り、1階と2階のラインを揃えました。ご夫婦から「過ごしやすく、すっきりした印象の家になりました」と言われ、うれしい限りです。