別居型同居

同居だけど別居。これからの新しいスタイル。北陸ミサワホームは、別居型同居をご提案いたします。

同居だけど別居。これからの新しいスタイル。北陸ミサワホームは、別居型同居をご提案いたします。

子供からみたメリット 同居って“嬉しいこと”いっぱい

子供の万一のケースで両親に対応してもらえる
最近、子どもの下校時を狙った犯罪が多く発生しており、共働きの家庭にとっては仕事の都合で迎えに行く事も出来ず特に心配です。しかし、別居型とはいえ、同じ屋根の下で暮らしていれば、両親に子どもの迎えもお願いでき、安心です。
親に何かあってもすぐに対応できる
親世帯と離れて暮らしていると、親が病気になったり、万が一の対応がずっと気掛かりです。しかし、同居とはいえお互いの居住スペースが別々の「別居型同居の家」ならば両親に何かあった時も若世帯がすぐに対応できるので安心です。
孫の情操教育に効果
共働きの若世帯にとって、子育ては時間的な制約もあり、かなり大変です。しかし、親世帯が近くにいることで、子育てについてもいろいろと協力をお願いできます。若世帯とは違った形で子どもたちを温かく包むことができ、情操教育の面で大きな役割を果たします。
余分な土地代がかからない
「別居型同居の家」では、若世帯と親世帯が同じ敷地内に住むことで、必要最小限の土地スペースですみ、経済的な負担を抑えることができます。

親からみたメリット同居ってこんなにいいことあります

病気になった時近くに家族がいるので安心
親世帯にとって一番の心配は、病気になった時の対処法です。特に親がおひとりだけの場合は、本人もかなり心細いものです。しかし、「別居型同居の家」ならば、子世帯が近くにいるからお互いに安心しながら生活できます。
防犯上の安心感が増す
親世帯と若世帯が同じ敷地内に住んでいるので、完全に留守になる時間も少なく、夜間もお互いにとって安心です。
孫の成長を近くで見守れる
若世帯と離れて暮らせば、なかなか孫とも会いにくくなりがちです。しかし、「別居型同居の家」ならば、居住スペースは違っても、近くに孫がおり、成長を温かく見守ることができます。
子供の経済的負担に協力できる
若世帯にとって、マイホームの購入は土地代も含めるとかなり大変です。しかし、親世帯と同一の敷地内に住めば、若世帯の経済的負担を軽くできます。

同居といっても、いろいろあります。

別居型同居

一つの家で2世帯が玄関やリビングキッチンなど一戸建ての機能を独立してもつスタイル

こんな方におすすめです
生活時間が大きく異なったり、独立性を重視したいご家族
メリット
基本的には親子で別々の暮らしを送りながらも、身近にいるという安心感を得ることができます。

従来の同居

寝室などのプライベートスペース以外はすべて共用し、ひとつの家族として生活するスタイル

こんな方におすすめです
団らんを大切にしたいご家族、光熱費を抑えたいご家族
メリット
共用部分が多いので建築コストや光熱費を抑えられます。

隣接同居

同じ敷地内に「離れ」を建てて若世帯を新居にするスタイル

こんな方におすすめです
親の家の敷地に余裕があるご家族、基本的に別居したいけど、近くに住みたいご家族
メリット
文字通り「つかず離れず」の2世帯同居です。将来子どもが産まれて若世帯の家族)が増えた場合、親世帯の家と離れを住み替えることも可能です。

仲良し同居

玄関、浴室などの一部を共用するスタイル

こんな方におすすめです
生活時間帯が分かれがちだが、程よい交流を図りたいご家族
メリット
自立した生活を送りながら、共用スペースを持つことで十分なコミュニケーションを図ることができます。

s-IMG_0120

金沢支店 営業部 小浜 竜太
北陸ミサワホームでは、安心で快適、経済的に住める新しい同居スタイル「別居型同居」をお薦めしています。この「別居型同居」という同居スタイルは、従来の同居スタイルの悩みをすべて解決したご提案となっており、近年増加している2世帯住宅をご検討されている方に広く採用されています。もちろん仲良し道教などそれぞれのスタイルにもメリットはたくさんあります。2世帯住宅を計画される方!私達にお手伝いさせてください。

ご提案プランまだまだあります。
2世帯同居プラン集 ご請求はこちら